2010年03月05日

ヴィンランドサガ

バイキングの時代の物語。

絵が綺麗でけっこう面白い。
恐らくまだ序盤だが、作者の表現したいものが
ちらほらと垣間見える。
深遠な作品だと思います。


ヴィンランド・サガ(6) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(6) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 幸村 誠
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/06/23
  • メディア: コミック



posted by hiro at 07:02| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

GANTZ

スケールの大きさにただ圧倒されます。特に最近の話では。

世界観的にはインデペンデンスデイ、T2など恐らく作者が
好きであろう映画などをごった煮したような感じ。



GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 奥 浩哉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: コミック



posted by hiro at 06:49| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

謎の彼女X

立ち読みしたらちょっと面白そうでした。


謎の彼女X 1 (アフタヌーンKC)

謎の彼女X 1 (アフタヌーンKC)

  • 作者: 植芝 理一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/08/23
  • メディア: コミック



posted by hiro at 07:41| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

マスターキー

ビルゲイツがこの本を読んで企業を決意したと言われる本。
宇宙一元論や思考が現実を創造するなどの、
よくみかける文言はこの人が元祖みたいです。
(聖書や仏典でも書かれているみたいですが)


ザ・マスター・キー

ザ・マスター・キー

  • 作者: チャールズ F.ハアネル
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2007/10/22
  • メディア: 単行本



posted by hiro at 08:06| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

土竜

麻薬潜入捜査官の漫画。
結構くだらないとこもあるけど、なかなか面白い。
漫画喫茶で読んでます。


土竜(モグラ)の唄 18 (ヤングサンデーコミックス)

土竜(モグラ)の唄 18 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 高橋 のぼる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/08/28
  • メディア: コミック



posted by hiro at 09:11| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

自助論

スマイルズの自助論。これはテンションあがります。

ことさらに自己修養の必要性が書いてあり、
怠けがちな自分に一喝入れることができます。

特に過去の偉人のエピソード(ミケランジェロ、ニュートンなど)は
ビジネスマンもアーティストも、もっと努力せねば!と
思うことでしょう。




スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

  • 作者: サミュエル スマイルズ
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 文庫



posted by hiro at 07:36| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

お勧め漫画(シグルイ)

江戸時代初頭を舞台にした、残酷時代劇。

一巻目にして、独自の世界観、グロさ共に完成の域に達している。

「グロい」と一言も片付けてしまうこともできるが、
グロさをリアルに表現することで、死と隣り合わせで生きる
武芸者をよりうまく表現していると思う。

体裁やメンツに命をかけることは、今の時代からみたら馬鹿らしいが
それに命をかけてきた男はやっぱりかっこいい。


シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

  • 作者: 南條 範夫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2004/01/22
  • メディア: コミック



posted by hiro at 07:46| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

お勧め漫画(バンビーノ)

漫画喫茶でなんとなく読み始めた漫画。

料理の世界がとてもリアルに描かれているのが
魅力です。

主人公の打ちのめされても、這い上がっていく
姿勢がとても好感が持てます。

料理の世界の魅力や厳しさがなんとなく
伝わるのではないでしょうか。


バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)

  • 作者: せきや てつじ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/03/30
  • メディア: コミック



posted by hiro at 07:48| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お勧め漫画(バンビーノ)

漫画喫茶でなんとなく読み始めた漫画。

料理の世界がとてもリアルに描かれているのが
魅力です。

主人公の打ちのめされても、這い上がっていく
姿勢がとても好感が持てます。

料理の世界の魅力や厳しさがなんとなく
伝わるのではないでしょうか。


バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)

  • 作者: せきや てつじ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/03/30
  • メディア: コミック



posted by hiro at 07:44| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

最近読んだ漫画(ミスター味っ子2)

ミスター味っ子2

ミスター味っ子こと、味吉陽一の息子が主役の料理漫画。
親子二代に渡る活躍は、前作のファンも、新しい読者も
楽しめる内容になっています。

僕は、前作は、あの過剰演出(笑)のアニメでしか知らなく、
今作から初めて漫画で読みます。

試食シーンが大げさで、良い意味で馬鹿っぽい所はあるのですが、
内容は結構、真面目。中でも、作中のキャラの料理に対する思いは
料理人なら、模範にしてもいいんじゃないかと思えるくらいです(笑)

あくまで漫画ですが、店舗経営のことに関しても書いてあるので、
素人目にはそういった内容、も興味深い所です。

料理人なら、これを読めばモチベーションがUPするでしょう(笑)


ミスター味っ子2 1 (イブニングKC)

ミスター味っ子2 1 (イブニングKC)

  • 作者: 寺沢 大介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/06/23
  • メディア: コミック




ミスター味っ子 (1) (講談社漫画文庫)

ミスター味っ子 (1) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 寺沢 大介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 文庫




posted by hiro at 08:47| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

最近読んだ漫画(3月のライオン)

3月のライオン  羽海野 チカ

ハチクロこと「ハチミツとクローバー」の作者の
最新作。

将棋が題材だけど、孤独を抱える人たちの
人間ドラマが核です。

主人公は自己否定し、自ずと孤独に向かおうとするが、
ひょんなことから出会った三姉妹や、棋士の友人などに
支えられ、段々と成長していく・・・・。

主人公の孤独についての内省部分が非常に多く、
暗いムードになりがちですが、主人公の回りの人たちの
温かさが、ほんわかした雰囲気を作っていて、うまい具合に
バランスがとれています。

この作者の漫画は、独特の癒しの空気を持ってます。
癒されたい人は、ご一読を。


3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

  • 作者: 羽海野 チカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: コミック



posted by hiro at 18:49| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

おすすめ漫画(逆境ナイン)

逆境ナイン

最近?映画化されたみたいで、恐らく話題性のあったであろう漫画。

とにかく熱い。作者の命がけの執筆が伝わってき、読者に熱を伝染させます!
野球がテーマなのは正直あまり関係ありません。なので、先入観なしで
色んな人に手に取ってほしいです。

「やってやろうじゃないか!!」

腑抜けた自分に、一喝入れてくれる漫画です。
熱くなりたい人、必読!!


逆境ナイン (1) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン (1) (サンデーGXコミックス)

  • 作者: 島本 和彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: コミック



posted by hiro at 18:32| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

注目&欲しい漫画

生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録

キン肉マンの作者である、ゆでたまご大先生の自伝的漫画。
本人が書いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
漫画家・ゆでたまごの二人が、貧しかった少年時代から今日に至るまでの
数々の栄光と挫折、恍惚と不安、漫画愛とコンビ愛……、
そのすべてを自ら書きおろした。
amazonより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これだけでもとても気になります。
もともと私は成功した人の、自伝は好きなんですが、
ゆでたまご先生の話ともなると、また別格です。
漫画家の裏も見てみたいし、作者の人物像も気になります。

さらにこの自伝漫画では、キン肉マン成功後の挫折なんかも
書いてあるようです。こういった中々語られない部分というのは
非常に価値があると思います。

値段は1,600円と少々高めです。


生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録

生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録

  • 作者: ゆでたまご (嶋田隆司 中井義則)
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: 単行本




キン肉マン (1) (集英社文庫―コミック版)

キン肉マン (1) (集英社文庫―コミック版)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 文庫




posted by hiro at 17:36| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

微妙にお勧め漫画

おやすみプンプン

落書き調のひよこで書かれた主人公(プンプン)の
小学生からの成長を描いている(最新刊では高校生になっている)。

「微妙」にお勧めというのは、話の内容がかなり
悲惨で辛く、読む人によっては嫌悪感を抱くと思えるからです。

「どうしてこうも人生はうまくいかないのか」
度重なるやるせない出来事にプンプンは怒りや憎悪を
肥大化させていく・・・・。

落書き調に書かれた主人公が純粋さの象徴に見え
それがどんどん落ちていく様が一層つらい。

主人公が自我崩壊せず、ハッピーエンドにたどり着くことを
期待しています。



おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)

おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 浅野 いにお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/08/03
  • メディア: コミック



posted by hiro at 20:05| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

おすすめ漫画

爆麗音

「ブッコミの拓」の佐木 飛朗斗原作の音楽漫画。

社会不適合ではあるが、偉大な音楽家の血を引いている
主人公が音楽や仲間を通して成長していく物語。

物語の中で佐木 飛朗斗の音楽趣向が伺えて
非常に興味深い作品。クラシック、ジャズ、ブルーズ、ロックと
(モダンなロックは出てこない)色々出てくる。
60〜70年代のロックが好きな人には
にやついてしまう場面も。

機材も素人にはよくわからない、ギターの
木材の話やら、何年型のギターやら
マニッアックな話もちょいちょいでてきます。

しかしながら、良い意味で少年漫画風の画調や
迫力のある(やや誇張され過ぎでもある(笑))演奏シーンは
みていて爽快。音楽漫画といえばBECKだが
人間の澱んだ内面部分に迫る「爆麗音」は
全く別の切り口から音楽漫画に挑んでおり、
そこも非常に面白いとこです。



爆麗音-バクレオン 1 (ヤングジャンプコミックス)

爆麗音-バクレオン 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 佐木 飛朗斗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/06/19
  • メディア: コミック



posted by hiro at 18:11| 🌁| 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。