2010年08月15日

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

性転換手術をを受けた主人公(男→女)の
過去に負った心の傷を歌で追憶していく、
そんな感じの映画。

何年か前にも見た作品。当時はよくわからず「かったるいなぁ」くらいの
印象しかなかったですが、久々に見ると感動しました。

愛を求め続け、そして裏切られる。
破天荒で不幸続きのヘドウィグだけど、決して自分の
置かれている状況を哀れんでいる訳ではない。
そんな、主人公に知らず知らず感情移入してた気がします。

最終的には自分自身が求めているものは、
目の前にあった、という感じでしょうか。

歌も良いです。


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD



posted by hiro at 07:10| 愛知 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

サマソニ 大阪 8/8

8/8、大阪のサマーソニックにいってきました。

まずはfact。
あら、お面かぶってないのね。
正直歌がうまくないな〜、などと最初は思ってたんですが、
彼らの情熱がカバーして、熱かったです。オープニングを
飾るに最高のバンドでした。

次はTHE MACCABEES。
恐ろしいほどの閑散ぶり。
しかも、機材トラブルで最初トリプルギターのうちの一本音が出ず。
もう一押し欲しい感じのバンドです。好みの問題だろうけど。
しかし演奏はうまい。

飯食い休憩。
去年と同じベトナム?料理の店でトムヤムクンを食う。
うまい。

次はTWO DOOR CINEMA CLUB
途中から観たんだけど、すごい盛り上がり。
絶妙なダンスチューンが満載。

次はDELPHIC。
組曲のようなDJがつないでってるような面白い演奏。
途中で強烈な睡魔に襲われながら、観ました。

次はPASSION PIT。
ポストMIKA?なんて思いながら、ボーカルのハイトーンボイスを
聞いてました。

次はPAVEMENT。
一年だけの再結成。3曲くらい観ました。
なんか楽しそうというか、めちゃリラックスしながら
演奏してるのが印象的。

次はNICKELBACK。
チャドクルーガーのロックスター的なMCに笑っちゃいました。
ビッグなロックを聴かせてくれました。

次はTHE OFFSPRING。
これも2〜3曲観ただけなんだけど、やっぱかっこいい。
演奏が始まると、雪崩のようにキッズが押し寄せてきました。
みんなやっぱり大好きやね〜。

次はPENDULUM。
これはすごかった。何がって、観客が。
めちゃくちゃ狂ってたし、凄まじかった。
二階から一階を眺めてたら、ほんと鳥肌たちました。
もちろんPENDULUMがすごいんだろうけど。
これも申し訳ないが、シンセ音がダサかっこ良くて笑ってしまいました。
(笑)

ラストはTHE SMASHING PUMPKINS 。
う〜ん、これは正直微妙でした。
メランコリ〜とかマシーナ〜とか自分の持ってる
アルバムから演奏しなかったてのもあるんだけど、
ビリーコーガンから熱いものを感じない。
MCで「日本が嫌い」みたいなこといってたし。
ジョークでもきついわ〜。
40分くらい観て帰路に着きました。
(ちょっとジェイ・ジーも拝見)

今年は大本命がいなかったので、気楽に観れました。
こういうのもたまにはいい。
Brighten the Corners

Brighten the Corners

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Matador Records
  • 発売日: 1999/06/23
  • メディア: CD


posted by hiro at 06:19| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

明日はサマソニ

FACT→THE MACCABEES→DELPHIC→THIRTY SECONDS TO MARS→
PAVEMENT→THE OFFSPRING→THE SMASHING PUMPKINS

という感じかな。


Zeitgeist

Zeitgeist

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Reprise / Wea
  • 発売日: 2007/07/10
  • メディア: CD



posted by hiro at 07:09| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

オジーの自伝

メタルのゴッドファーザー、オジーオズボーン。
この自伝は買わねば!


アイ・アム・オジー オジー・オズボーン自伝

アイ・アム・オジー オジー・オズボーン自伝

  • 作者: オジー・オズボーン
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/08/02
  • メディア: 単行本



posted by hiro at 21:43| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

扉をたたく人

人生に価値を見いだせず、適当な毎日を送る大学教授が移民の青年と出会い
彼からジャンベを教わる。
人や音楽とふれあう中で次第に彼は変化をしていく・・・。

アメリカ映画にしては、じっとりしてるというか
フランス映画に近いノリ。

ベタといえばベタなストーリー展開だった。

9・11以降のアメリカの移民などに対する人権を無視した世勢に異を唱えるような
スタンスを打ち出している映画ではあるが、やはりアメリカ人の
傲慢さはチラホラと・・・。

とりあえず演奏ものの映画だと思って観ることは
できません。

ヒューマンドラマ。



扉をたたく人 [DVD]

扉をたたく人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



posted by hiro at 06:04| 愛知 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

曲作ってます。

MTRでバンドの曲を作ってます。PC時代ですが自分はアナログです。
年内には4〜5曲仕上げてちゃんとした所で
レコーディングしたいなぁ。

同時進行でそろそろインストの曲も作っていく予定です。


ZOOM マルチトラックレコーダー MRS8

ZOOM マルチトラックレコーダー MRS8

  • 出版社/メーカー: ZOOM
  • メディア: エレクトロニクス



posted by hiro at 21:20| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

steve vai

たまにはこういうのも良い。

posted by hiro at 21:09| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

system of a down

やっぱファーストはええね〜


System of a Down

System of a Down

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1998/07/02
  • メディア: CD



posted by hiro at 05:51| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

sleeping people

恐ろしく曲の展開がかっこいい。


Growing

Growing

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: STIFF SLACK
  • 発売日: 2007/09/26
  • メディア: CD



posted by hiro at 06:21| 愛知 ☀| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

KILLERS

久々に聴いたら、結構好盤だった。


Hot Fuss

Hot Fuss

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2004/06/15
  • メディア: CD



posted by hiro at 05:42| 愛知 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

HP作成

このご時世に、手打ちでHPを作ったりしてます。
これが結構面白い。とりあえず素人とは思えない
かっこいいバンドのホームページ目指してます。


HTML/XHTML&スタイルシートデザインブック

HTML/XHTML&スタイルシートデザインブック

  • 作者: エビスコム
  • 出版社/メーカー: ソシム
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本



posted by hiro at 07:31| 愛知 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

underworld

このアルバムはかなり聴きました。

今聴いてもかっこいいな〜。


Beaucoup Fish

Beaucoup Fish

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Junior Boys Own
  • 発売日: 1999/03/01
  • メディア: CD



posted by hiro at 08:10| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

mogwai

最近はmogwaiのライヴ盤ばかり聴いてます。

5〜6年前くらいに聴いた時は、あまりよく思いませんでした。
今聴くとなんかすごいなって、思います。



Government Commissions BBC Sessions 1996-2004

Government Commissions BBC Sessions 1996-2004

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Matador Records
  • 発売日: 2005/02/22
  • メディア: CD



posted by hiro at 18:04| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

skrape

たま〜に昔のヘヴィロックなんかを聴き直したりしてます。
昔はさらっと流してたけど、実はかなりかっこいいアルバムだったりします。


ニュー・キラー・アメリカ

ニュー・キラー・アメリカ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アリスタジャパン
  • 発売日: 2001/03/28
  • メディア: CD



posted by hiro at 07:41| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

the junket

ザ・ジャンケット「スタミナ」

イギリスの3人組。
恐らく今は解散していると思います。

スカスカのギターにヘロヘロのボーカル。
そこに地を這うようなグルーヴィなベースと軽めのドラムが合わさり
絶妙なグルーヴを生み出しています。

どこか捕らえ所がない楽曲なんですが、とにかくかっこいい。
個人的に彼らが持つ、アチテュードに大きな魅力を感じます。
国内盤には彼ら自身による曲解説があるので
それを読むとその部分がよく理解できます。

簡単に言うと自分を貫くこと(信念)などについてなんですが・・・・。

そういう男臭さが好きな人にはきっと楽曲を通じても
伝わる所があると思います。



スタミナ

スタミナ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1999/06/19
  • メディア: CD



posted by hiro at 23:20| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

silverchair

彼らが若干15歳の時に発表したアルバム。

深淵な歌詞、ダークなリフ、とにかくかっこいい。
音楽的な深さと年齢はある程度比例すると思っているけど
彼らのような天才もいます。


Frogstomp

Frogstomp

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1995/06/22
  • メディア: CD



posted by hiro at 23:03| 愛知 ☁| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

filter

久々の新譜(もう旧譜)。
欲しい。


Anthems for the Damned

Anthems for the Damned

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pulse Recording
  • 発売日: 2008/05/13
  • メディア: CD



posted by hiro at 23:10| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

チャーリーとチョコレート工場

ティム・バートン監督『チャーリーとチョコレート工場』ではなく
メル・スチュアート監督の方です。

ティムバートンの方も見ましたが、個人的にはこっちの方が断然好きです。
何十年も前の映画なので、当然手作り感満載。CGなどもないです。

キャラクター、挿入歌も一度見たら忘れることができない強烈な
インパクトを放っており、子供がみたら大受け間違いないと思います。
テクノロジーがない時代故のシンプルさが自分くらいの
人間には不思議と心地良かったりするのかもしれません。

グーニーズ、ネヴァーエンディングストーリーとか
ああいうのが好きな人にはお勧めです。


夢のチョコレート工場 [DVD]

夢のチョコレート工場 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



posted by hiro at 20:20| 🌁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルタのやさしい刺繍

一週間かけて、ようやく観ました。
ちょっとずつ観るのが結構好きです。

ストーリーは、スイスの田舎町を舞台に、夫に先立たれた
老婦人がかつての夢であったランジェリーショップを興すというもの。

ヨーロッパ系の映画は独自のゆったりした雰囲気があって
そういう所が好きなんですが、この映画はゆったりした雰囲気ながらも
現実のシビアな部分が多く垣間見れました。

田舎町ならではの保守的な人たちは、ランジェリーショップを
老婦人が開くということに対して、当然猛反対し、嫌がらせなどを
行います。
嫌がらせをされる相手が、例えば若者ならまだ落ち着いて
観ていられますが、それが老人となると、こっちの心情も穏やかではいられません。

他にも友人の死など、普通の映画ならすらっと
流してしまうのに、この映画の死に対する描写はやけにリアリティを
感じて、感情移入してしまいました。

友情だったり、信念だったり、伝わるものが
ある良い映画でした。

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

  • 出版社/メーカー: CCRE
  • メディア: DVD




posted by hiro at 20:07| 🌁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

マルタのやさしい刺繍

スイスの映画。
今日見る予定。


マルタのやさしい刺繍 [DVD]

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

  • 出版社/メーカー: CCRE
  • メディア: DVD



posted by hiro at 11:26| 🌁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。